格安スマホを利用すれば今のスマホ代を半分以下にできます!

格安スマホで通信料を節約できる理由|格安スマホの不安を解消!

格安スマホにすると、
「なぜ、通信料が安くなるの?」
「通信が不安定で心配!」
「手続きが面倒そう!」
などの理由から乗り換えてない方も多いと思います。
しかし格安スマホにすれば確実に今の通信料を半分以下にすることができます。
乗り換えた方の平均では通信料が1/3以下にになっています。

格安スマホ節約

格安スマホ節約《MENU》
  1. 大手キャリアの通信料が高い理由!
  2. 格安スマホで通信料を節約している方が増えています!
  3. 格安スマホは賢い選択
  4. 格安スマホを比較するために必要な条件とは
  5. 格安スマホを比較するためにまずサービス面を比較しよう!
  6. 格安スマホを比較するために自身にあった料金体系で比較しよう!
  7. 格安スマホを比較するためにネットからの情報を参考にする。
  8. 格安スマホを比較するために料金とサービスで格安スマホへ
  9. 格安スマホの料金・サービス内容を比較した総合ランキング

>>格安スマホで節約するおすすめのサービスはこちらから<<

大手キャリアの通信料が高い理由!通信料を安したくないですか?

格安スマホ節約

なぜ、格安スマホで通信料が安くなるの?

簡単に言えば大手キャリア(DoCoMo、AU、Softbank)の通信料が高いからです。
DoCoMoやAUの料金体系がわかりにくいと思ったことはありませんか?
あれはワザとわかりにくくして、高い通信料を払わせているからです。

 

「音声データ」分と「通信データ」分を合算して高い方の料金に合わせて
トータルではこちらの方がお得となる売り込み方をしています。

 

生命保険の料金体系と似ていますね!
生命保険の保険金額もいろいろな特約があったりで料金体系がわかににくくなっています。
結局、あれもこれも必要そうでオプションを付けたりしていると高くなったりしまうのと似ています。

 

本当に安くて便利だったら料金体系もシンプルにわかりやすくなるはずですが、
それだと大手キャリアの儲けが減るので、わかりにくい料金体系にしてユーザーは余計なコストを払わされているのが現実です。

 

「音声データ」分と「通信データ」分を合算した価格が高くなるので、逆に「音声データ」と「通信データ」を分けた
2台持ちにすると大手キャリアでも通信料金を下げることができます。
一度、シミュレーションしてみてください!

 

筆者も携帯2台持ちをしていた時期もあります。
でもさすがに外出する時に2台持ち歩くのは面倒です。
そのため今では格安スマホにして通信料も安く便利に利用しています。

 

格安スマホは通信が不安定!

格安スマホはMVNO(仮想移動体通信事業者)が大手キャリア(DoCoMo、AU、Softbank)の基地局から無線通信を間借りしています。
そのため通信は大手キャリア(DoCoMo、AU、Softbank)の電波と基本的には同等になります。
一部「間借量り」が不足して電波が弱いという意見もありますが、実使用上は殆ど問題にならないです。

 

筆者は5年ほど格安スマホを既に使っていますが、困ったことは殆ど無いです。
通信できない問題はMVNOの通信の問題より、使っている端末の性能の影響も大きいです。

 

格安スマホは手続きが面倒そう!

最近ではインターネットでのMNP(モバイルナンバーポータビリティー)で携帯番号の移転もわかりやすく簡単になっています。
キャリアメール(@docomo.ne.jp、@softbank.ne.jpなど)は使えなくなりますが、携帯番号は変わらず利用できます。
当然、LINEやFecebookなどのSNSツールも同様に利用できます。

 

少しの手間をかけるだけで月々5,000円安くなるケースも多々あります。
月々5,000円節約できれば、毎年6万円節約できます。

 

6万円の臨時収入があれば、男性の方でしたらゴルフクラブも買えますしコースにも数回余分に出られます。
女性の方は6万円も余分にあれば、なかなか行けなかったエステにも行けるし、好きなバックや洋服にもお金をかけることができるようになります。
少しの手間を惜しんで大金を無駄にしているのは非常にもったい無いことです。

 

格安スマホに効率的に乗り換える時に押さえるポイント!

格安スマホ節約

通信料を安くしたいのはみんな同じです。
下記の点に注意すれば、格安スマホで今までの通信料を半分以下に節約できます!

 

キャリアメールは使っていない!

キャリアメール(@docomo.ne.jp、@softbank.ne.jpなど)を既に使っていないのでしたら
格安スマホにしないのはもったい無いです。
大手キャリアに投資しているか、お金をドブに捨てている気がしてならないです。

 

シムフリー端末を持っていない!

格安スマホを利用するにはシムフリー端末が必要になります。
しかし最近のスマートホンでは総務省の「SIMロック解除に関するガイドライン」の改正案で既にシムフリーになっている機種が多いです。
心配でしたら現在使っている大手キャリアに、現在使っている機種名を伝えれば確認できます。
(電話確認で充分です)

 

今の機種がシムフリーに対応していなくてもシムフリー端末でしたらAmazonで安く購入することも可能です。
格安スマホ会社でもスマホとSIMのセット販売もしているのでお得に購入できます。

 

格安スマホ会社が多すぎてわからない!

確かに会社が多くて目移りしてどれにしたら良いのかわからなく決められない気持ちはわかります。
でもどの会社も価格競争しているので料金は安くて安心が置けます。

 

格安スマホ会社で月100円ぐらい違うこともありますが、それ以上にDoCoMoやSoftbanku、AUといった
大手キャリアを使い続ける方が、お金をドグに捨てているような気がします。
格安スマホ会社の選択で迷っている時間が既にお金を損しています。

 

格安スマホ会社の効率的な選び方

信用度で選ぶなら

有名な大手会社の格安スマホが良ければ、OCNモバイルONE(NTTグループ)や楽天モバイルといった格安スマホ会社があります。

家族でお得にシェアしたいなら

IIJmio(みおふぉん)ファミリーシェアプランなら最大10枚のSIMカードが利用できる!

TVCMで馴染みのある会社で選ぶなら

TVCMで馴染みのあるUQmobile(UQモバイル)mineo(マイネオ)といった格安スマホ会社もあります。

店頭で納得して説明してもらいたいなら

やっぱり店頭でわからない点を説明してもらって購入したいならイオンモバイルがあります。

自分の利用目的でお得に使いたいなら
機能に特化したサービスを利用すれば、よりお金を節約できます。

BIGLOBEモバイルエンタメフリー(YouTubeやAmebaTVなどをデータ制限なく楽しめる)
LINEモバイルコミュニケーションフリー(LINE、Facebook、Instagramがデータ消費ゼロで使い放題)

 

※どちらにしても大手キャリアの通信料が高いので時間が経過すればするほど損が大きくなります。
格安スマホ会社を選ぶには『格安スマホの料金・サービスを比較した総合ランキング』が参考になります。

 

>>格安スマホで節約するおすすめのサービスはこちらから<<

 

格安スマホで通信料を節約している方が増えています!

格安スマホ,比較,節約

格安スマホを利用して節約している方が増えています!
従来のスマホは通信事業者によって端末を変更せずに乗り換えることができないようになっていました。

 

しかし、最近になって、日本でもSIMフリー端末の販売が義務化されたことによって、利用者が端末を変更しなくても格安スマホに乗り換えることが可能になったのです。

 

契約する会社を選択出来る自由

格安スマホ,比較,節約

利用者にとっては、

  • データ通信量
  • 通話量
  • 基本料金

などを比較して、最も格安なにプランを提供する会社を探すことができます。
また、契約を他社に乗り換えることで費用の節約も叶い、格安でスマホを持つことができるようになりました。

 

一方で、これまでは通信網を持たない通信事業者の参画ができなかったのですが、MVNOという新たな形態が生まれました。
通信網を持たない通信事業者の参画ができるようになったことで、格安スマホへの乗り換えが加速する事になったのです。

 

その影響で格安競争が激しくなったことは言うまでもありません。
ちなみに、MVNOは実際に通信網を持たないということで、仮想移動体通信事業者という意味になります。

 

格安スマホは賢い選択

SIMフリー化によって、格安SIM格安スマホが多く出回り選択肢が広がりました。
「スマホを乗り換えたい」「新たにスマホを持ちたい」と行った場合にどの会社のものがいいかということを比較して決めることができるようになったのです。

 

選び方としては、料金、サービス、評判という部分で最もいいものを選択することが求められます。
しかし、大手の通信事業者ですと毎月1万円支払っていたのに、同じくらいの使用量で2千円くらいになるのには驚きませんか?
おそらく、節約できる格安スマホがあったら利用したくなる方のほうが多いでしょう。

 

そこで、これからは利用者が賢い選択をして、最も評判がよく、サービスも充実してい格安SIMに乗り換えていく方が増えてくるでしょう。
プランの見直しに関しては、CMをしていないMVNOもいるようですので、ネットや口コミを元にいろんな情報を比較して、決めていただきたいと思います

 

これから詳細を説明していきますが、いかにMVNOの利用が家計の節約に役立てられるかを含めて、述べてまいります。
これを読んで勉強していただけたらと思います。

 

>>格安スマホで節約するおすすめのサービスはこちらから<<

格安スマホを比較するために必要な条件とは

格安スマホ,比較,節約

格安スマホ。最近、CMでも話題になっていますね。
そんな格安スマホですが安いからと適当に選んでもいいとかといいますと、実際のところそうではありません。

 

選ぶ時の条件としまして、通信速度パケット通信量基本料金通話料といったものを見る方が多いでしょう。
最近は通話を利用する方よりもネットやアプリを利用している方の割合が多いですので、通信速度とパケット通信量はとても意識していると思います。

 

ただ、月額料金だけで選んでしまいますと、結果として高速通信できるパケット通信量の上限がこれまでよりも低くなることもあります
また、通話料金が高くなってしまったりして、かえってお金がかかってしまうこともあり得るのです。

格安スマホ会社を選ぶ基準

格安スマホ,比較,節約

利用者が何を基準に格安スマホ会社を比較して選んでいくかは、個人によって違うと思います。
高速通信できるデータ量の上限、もしくはパケット量の上限がどのようになっているかはほとんどの方にとって重要な問題のはずです。

 

本当に格安スマホ会社を比較するためには、いろんな要素を考えながら、最終的に利用する会社を決めなければなりません。
契約内容だけでなく、料金の支払い方法についても考えておかなければ、申し込んだ後に料金が支払えないということも十分にあるからです。

 

このように、現在契約している会社から請求される料金をみて「ちょっと高いな」と思ったら、少しずつ考え始めてください。。

格安スマホを比較するためにまずサービス面を比較しよう!

格安スマホ,比較,節約

格安スマホを比較するにしても、サービスが良くなければ利用しようとは思わないはずです。
サービスといえば、大手通信事業者ですと

  • 留守番電話
  • キャッチホン

といったものもあります。
他にも

  • 家族でまとめて
  • インターネットとまとめて
  • 長期間利用して

といった割引といったものがありますね。

 

しかし、これらの付加サービス並びに価格の割引サービスを適用していても、実際の請求額はそれなりの価格になってしまいます。
そうなりますと、もったいないと感じる方も多いはずです。

あなたにとって付加サービスって必要?

格安スマホ,比較,節約

中でも付加サービスとして留守番電話機能を使う方はいるものの、実際に付加サービスをつけないという方も多くいらっしゃいます。そういったこともあって、実際に使う機能はある程度淘汰されてきたといえるのではないでしょうか。

 

必要のないサービスを言われるがままつけるというのはどうかと思いますし、そこまで使いきれてもいないのに付加サービスをつける意味合いはないといえます。

 

これまでに利用していてのもったいないを極限まで削って、使いやすくして、価格を限界まで抑えたものが格安スマホの売りです。
そして、自身の利用内容を的確に分析し余計なものを削っていけば、
他社と比較をすることでおのずと格安スマホを利用することにたどり着くはずです。

 

サービスが多すぎるとどうしても料金は高くなります。
反対に、サービスは少なすぎても不便を感じる可能性が出てくるということを踏まえながら無駄を省くこと考えていきましょう。

 

>>格安スマホで節約するおすすめのサービスはこちらから<<

格安スマホを比較するために自身にあった料金体系で比較しよう!

格安スマホ,比較,節約

格安スマホを検討している多くの方は今のところ大手通信事業者を使っているはずです。

 

そんな大手通信事業者の料金体系は、毎月の通話時間、データ通信量などで価格が選択できるようになっているかと思います。
最近ではかけ放題サービスがあったり、データ通信量を追加で購入したり、といったようなことができるようになりました。

 

そうしますと、有料アプリを使っていなくても、データ通信量が多ければ料金が高くなってしまいます。また、自宅にいるときはWi-Fiに接続をするために実際にパケット通信をそこまでしていない方にとっては、単なる無駄遣いになってしまうわけです。

格安スマホの料金プランは魅力?

格安スマホ,比較,節約

そこで格安スマホの料金プランを比較して検討してもらいたいのです。
正直、データ通信量の上限は低く設定されています。

 

しかし、無料通話も保障されていて、普段Wi-Fiメインでサービスを利用していれば、無駄遣いにはならないのではないでしょうか。
また、料金プランもとても安く設定されているうえに、通信速度もしっかりと保障している業者も多いですから、アプリ動作の不安もぬぐえるはずです。

 

現状の不満を元に、無駄はできるだけ省くことを考えましょう。
自身の利用状況にぴったりのものかどうかを比較し、ちょうどいい格安スマホを選んでください。

 

スマホもSIMロック解除されているものを利用すれば、機種を変えることもなく、
SIMカードの差し替えだけですぐに利用することができますので、スマホ購入の無駄も省くこともできるのです。

格安スマホを比較するためにネットからの情報を参考にする。

格安スマホ,比較,節約

格安スマホを利用する際、比較するための指標として、ネットでの情報が大半を占めるでしょう。

 

それは業者が店舗を持つ場合と持たない場合があるため、店舗情報だけでは全ての情報を収集できないため、比較のしようが無いからです。

 

情報はあらゆるところから数多く集めなければならないかもしれません。
サービスと料金プランも重要ですが、サポート体制も含めて「ここなら安心できる」という業者を探す事のほうが大事です。それが、利用する価値のあるものにたどり着くという結果に結びつくのではないでしょうか。

情報を比較して決めよう

格安スマホ,比較,節約

これからも格安スマホは増えてくると思いますので、しっかりと情報を集めて比較することが大切です。あとでとんでもない請求が来るというのは論外としても、価格だけ安くてサービスが全く物足りないとなってしまっても困ってしまいます。

 

業者が多いからこそ、慎重に決めるべきです。
そもそも、生活費に対する負担を抑えて、より良いサービスを提供してもらえなければ、利用者も別のところへ行ってしまうわけです。
それを分かっている業者もプランとサービス内容を考えて決めているはずです。

 

給料が少ない方が多い時代だからといって「ただ安いだけでも」「サービスが良いだけ」では満足しない方が多いのです。
安くて、サービスのいいものを選ぶのが普通になっているのではないのでしょうか。

 

>>格安スマホで節約するおすすめのサービスはこちらから<<

格安スマホを比較するために料金とサービスで格安スマホへ

格安スマホ,比較,節約

格安スマホに限ったことではないのですが、ものを買い利用する上で、単に安いだけ、単にサービスがいいだけで良しとされる時代ではありません。

 

また、通信速度が速いから高くなるのは当然という時代でもないと思います。
ほとんどの方がスマホを持ち歩いている中で考えるのは、少しでも無駄を省きたいということではないでしょうか?

 

必要なものを、安くて、通信速度も速くて、サービスもちゃんとしているといったものがあればいいと思っているはずです。
正直これだけ普及しているのに、無駄が多く、料金も高いとなりますと、少し矛盾を感じてしまうのではないかと思います。

格安スマホへの期待

格安スマホ,比較,節約

そこで、格安スマホを利用するということを検討していただきたいのです。
もちろん、料金プランを見直したりすることで少しは支払いを抑えることができますが、それでも高いと言わざるを得ないのが実情であります。

 

海外では格安スマホを選んで使っている方の方が多いですし、SIMフリーは当たり前なのです。だから、すぐに乗り換えもできます。
日本で、SIMロック解除されたものを販売することが義務化されたのは、ごく最近のことであって、先進国でも遅れているほうです。

 

スマホ本体も安く購入できるようになってきつつありますし、これからもっと競争が激しくなるのではないでしょうか。
競争が激しくなれば、自然に充実したサービスを低価格で提供する会社が増えてくるでしょう。

 

>>格安スマホで節約するおすすめのサービスはこちらから<<

格安スマホを比較してスマホ代を節約する方法の関連情報

電子タバコ

『電子タバコの安全性を検証|電子タバコの方が危険ってホント?』電子タバコは誤った認識が広がっています。「禁煙に役立つ」「水蒸気だから無害」と安全面を訴える一方で「電子タバコは発がん性ある」と従来のタバコより危険と訴える説もあります。電子タバコを服用する・しないにしても正しい知識を先に得ることが重要です。禁煙を始めたい人や既に禁煙に成功している人、ファッショナブルな道具として電子タバコを吸ってみたいという方も少なくないでしょう。そんな方に是非読んで頂きたい内容です。

電力自由化

『電力自由化の料金比較|最適な電気事業者を選ぶ方法』2016年4月に電力自由化が始まりました。正確には電力の小売り全面自由化ですが、新規参入事業者が多過ぎてわかりにくくなっているのが現状です。電力自由化によって電気代の価格競争が起こることはもちろんですが、その他に提供している付加価値サービスの比較も非常に大きなポイントです。本サイトでは電力自由化の仕組みの理解と料金比較を行い最適な電気事業者を選ぶ方法を解説しています。

オール電化

『オール電化を徹底分析!オール電化で電気代が本当に節約できるの?』オール電化にすると本当に電気代が安くなるのかは気になるところです。電力自由化もありオール電化でガス料金の見直しなど、オール電化にとらわれないで総合的に家計の光熱費の削減を検討していくことが重要になります。また、電気を蓄える事ができると、電力が使用しやすい時間帯の電力をいつでも利用していくことができます。こういった点でも、オール電化のメリットは大変大きなものであるといわれています。

家庭用蓄電池

『家庭用蓄電池を徹底分析!蓄電池システムで電気代が本当に節約できるのか』家庭用蓄電池には「光熱費の削減」と「非常用電源の確保」の大きく2つのメリットがあります。経済的効果と災害時のライフライン効果の観点から家庭で採用する時に最適な蓄電池システムを分析しています。蓄電池システムと言ってもさまざまな種類が用意されて販売されています。そのため、メーカーや販売店選びなどは非常に重要なポイントになってきます。選び方によっては将来的に後悔してしまうかもしれません。

住宅ローン

『マンションを高額で売却させる時に必要な方法&税金対策』マンションは高額で売却することはできます。しかし不動屋さんのいいなりになっていては高額で売却することはできません。本サイトではマンションをできるだけ高額で売却する方法を詳しく解説しています。マンション売買についてはインターネットを利用し、一括見積サイトなども用意されているので、上手に活用することによって高く売ることができる可能性もあります。加えてマンション売却する時に必要になる税金対策と確定申告も詳しく解説していますので参考にして下さい。

トップへ戻る